天然歯に近い素材ポーセレンジャケットクラウン

セラミックで作製する人工歯のポーセレンジャケットクラウン。硬度が高いので、噛み合う歯を摩耗させてしまうことや破折の心配がありますが、審美性に優れているのが特長です。

当技工所のポーセレンジャケットクラウンの特徴

当技工所ではセラミックの補綴物に力を入れており、従来シェードガイドにのみ頼っていたシェードテイキングに、歯科用測色装置「クリスタルアイ」を採用。患者様一人ひとりの歯の、微妙な色調の分析を可能にしています。おかげさまで、患者様や歯科医院様から、高い満足度や評価をいただいています。

症例紹介

その他の補綴物

ケーズデンタルクリエイトへのお問い合わせはこちらまで

技術の差が出るラミネートベニア

審美歯科の治療方法のひとつであるラミネートベニア。前歯の表面を薄く削り、その上から薄いセラミックの板を「つけ爪」のように貼り付けます。近年では、従来の築盛セラミックより強度があり耐火模型が不要な、プレスセラミックで作られることが多くなっています。

当技工所のラミネートベニアの特徴

前歯の欠けてしまった部分や正中離開(せいちゅうりかい)、軽度の叢生(そうせい)歯列の補正も可能になるラミネートベニアは、仕上がりの精度が求められます。ケーズデンタルクリエイトでは、自然な仕上がりで、患者様の口元がより美しくなるよう、1つひとつの補綴物を丁寧に作製しています。

症例紹介

その他の補綴物

ケーズデンタルクリエイトへのお問い合わせはこちらまで