当技工所がセラミックに強い理由をご紹介します

ケーズデンタルクリエイトには、約20年の歯科技工物の作製実績があります。そのなかでも、需要が高いセラミック補綴物の作製には注力。経験や実績を積み、多くの研修にも参加。新しい機器や技術の導入も積極的に行っています。

万全の研修体制

ノリタケデンタルサプライ技術顧問であり、世界的にも有名な歯科技工士「青嶋仁先生」のゼミを受講し、歯科技工テクニックを習得しています。

歯科用CAD/CAMの導入~ノリタケカタナシステム~

ノリタケカタナシステムとはジルコニアフレームを製作するためのCAD/CAMシステムです。
レーザー方式の「高精度スキャナー」、設計を行う「専用CADソフト」、ジルコニアブロックを切削加工する「CAM装置」、加工後のジルコニアフレームを焼成する「焼成炉」、そしてそのほかの関連商品から構成されています。

使用する素材は、「カタナジルコニア」。原料から厳しい品質管理を経て製造されるジルコニアブロックは安定した品質を保ち、9色のカラーバリエーションが用意されています。

当技工所ではこの歯科用CAD/CAMシステムを活用することにより、小さな症例(単冠)であれば1週間ほどで作製が可能になりました。

測色機を使用した正確な色の表現

これまで、シェードテイキングは術者の経験や感覚に頼っており、照明環境にも左右されてしまう歯の色合いを、実際に補綴物を作製する歯科技工士にシェードガイドや指示書だけで伝えるのは大変難しいことでした。

そこで当技工所では、測色機「クリスタルアイ」を導入。これにより経験や感覚だけに頼らず、「データ」に基づいて患者様の歯の色を選定することができるようになりました。また、このデータをパソコンソフトに連動させることで、事前に完成時の色をシミュレーションできるようになり、患者様の望む仕上がりを確認していただくこともできます。正確な色合わせができることで、患者様にも歯科医院様にもご満足いただける質の高いセラミック製補綴物をご提供できるのです。

ケーズデンタルクリエイトのご発注から納品までの流れはこちらです