シェードテイキング用写真撮影時のお願い

当技工所は、天然歯と遜色のない自然な仕上がりの人工歯をお作りするため、写真撮影を用いたシェードテイキングを行っています。

写真撮影時のお願いと注意点

  • 歯牙が乾かないようにしてください。
  • 必ず、近い色のシェードタブを2本以上入れて撮影してください。
  • 撮影角度に注意して、歯牙がハレーション(反射光が強い状態)を起こさないように注意してください。
  • 接写用レンズを使用してください。
  • 補綴部位が多い場合は、テンポラリーを入れた状態の正面観と側方面観を2~3枚ほど撮影してください。長さとジェット(出具合)の参考にします。
  • テンポラリーを装着して撮影した場合は、テンポラリー装着状態での参考模型もお送りください。
  • デジタルカメラでの撮影の場合は、メールに画像データを添付して送っていただくか、miniSDなどの記録媒体メディアを模型と一緒にお送りください。
  • 3~3が入る撮影と単冠などの場合は、全体の歯の色を細かく見るために、反対側とアップの撮影の2種類をお願いします。

ケーズデンタルクリエイトの理念や会社概要はこちら