美しさと機能性を兼ね備えたジルコニア

ダイヤモンドの代用石として知られているジルコニア。ジルコニウムの酸化物のジルコニアは、セラミックの中でもっとも機械的強度や耐熱性があるといわれている素材です。スペースシャトルの断熱保護材としても使われているほど、その耐食性・耐摩耗性・審美性は保証されています。

また重さがメタルボンドの3分の1なので、歯にかかる負担が少なくてすみます。透過性に欠ける金属ではなくジルコニアを使用することで、より美しく自然な色合いに仕上げられるうえに、金属アレルギーを引き起こすリスクもありません。

当技工所が扱うジルコニアの特徴

ケーズデンタルクリエイトでは、優れた特長がある「ノリタケ カタナ システム」を採用。このシステムによって、ジルコニアの良さを最大限に活かしたフレームを作製しています。

適合精度の高さ

従来の焼結や仮焼成ブロックを使用せず、未焼成の生ブロックを削り出してフレームを作製。ジルコニアパウダーに特殊処理を施し焼成を1回とすることで、焼成収縮を安定させ、適合精度を高めることができます。

対応の幅広さ

単冠から6本ブリッジまで、幅広く対応します。ワックスフレームを作製しない場合でも、自動設計システムの活用により、サポート形状(咬合圧や衝撃などに対する強度を補う形状)やシュリンク形状(上に盛る陶材のスペースを確保するための形状)を付与したフレームの作製が可能です。

症例紹介

その他の補綴物

ケーズデンタルクリエイトへのお問い合わせはこちらまで